人権学習

水俣芦北地域への教育旅行誘致

Dscf2317 6月末の九州誘致に引き続き、広島県誘致に行きました。私は、以前営業職をやっておりましたが、全く業種が異なる修学旅行への営業の勘所が徐々についてきた感じがします。どのように実施しているかは、企業秘密(!?)ですが、日本のあらゆるところで行政マン主導型で実施している誘致は、やめたほうがよいな・・・奇跡的な行政マンもいますから一般的に…ということで解釈お願いします。という感想を私は持っております。
最前線で営業している先輩諸氏にとってはおったまげたくなるようなやり方まあ、やり方のみではなくお行儀も話しのもって行き方もですけどですもの・・・。「営業」って人と直接に係わりながらなので向き、不向きが当然あります。外交的な人が向いているのかというと違いますしね。基本、調整型の世界にどっぷりと浸っているというかそうならざるを得ない土壌で培われた人がいきなり主張しだすとろくなことはないと言ってよいでしょう。これはお役所批判と言うよりも適材適所の話しです。だって私なんぞ、「調整しろ」と言われてもこめかみにピキピキッと筋が通って、土台無理ですものね。まさしく、役所勤め不適格人間です。役所勤めが親戚に多いのですが、両親は私に「おまえに役所はムリ!」って断言していましたもの!だから、「熊本県職員の方がお話しするべきところ、NPO法人水俣教育旅行プランニングがお話しすべきところは、今後も成果をあげるためにしっかり相互理解しなければいけないな。」と思っております。まさしく、パートナーシップというものです。

Dscf2319 かなりタイトなスケジュールだったので、お土産を買う気力すら残っていなかったのですが、広島発のぞみの発車5分前にかろうじてすべりこんだ改札内のお店で「あなご寿司」を買うことができました。美味しかったですよ。だけどJRの宮島口で買った「あなご弁当」には追いついていないな~。誘致が実った暁には、また食べたいものです。

あやもchick