« やうちブラザーズが立ち向かう! | トップページ | 明治大学の学生さんの研修 »

水俣・芦北探検隊

1007270019 今年の水俣・芦北探検隊水俣・芦北地域環境フィールドミュージアム事業は芦北町の古石で行われました。拠点は、廃校になった古石小学校を「古石交流館みどりの里」として活用している施設です。古石の豊かな自然を活用したアウトドアアクティビティがいっぱい揃っています。

 まずは、川にウナギとカニの仕掛けづくり。仕掛け用の餌も川に泳いでいるハヤを釣って餌にするところからスタート。その後、ハヤを餌にウナギとカニの仕掛けをしました。川の縁を昇ってくるということなので子どもたちが自分で考えて設置。次の日のDscf278620早朝に仕掛けを回収に行くというわけです。

夕方になったら、民泊先の方がお迎えに来られて家路につきます。周辺の田んぼやカブト ムシとり、花火とおまけのまくら投げもしたようです。お邪魔した宮島さんスミマセン。

 次の日は、仕掛けの成果を見にに行く予定でしたが、残念ながら雨なのでインストラクターの竹本さんに回収をお願いしました。ダグマ(高級料理に出てくるいわゆる足長エビ)とハヤがカニの仕掛けにかかっていました。エビは、湯がいて、ハヤは天ぷらに1007280111なって子どもたちの胃袋に収まりました。

 午前は、そば打ちやおにぎりつくり。そばは、本格的な打ち方を教えてくれたので出来上がりのそばに腰がありましたねえ。ただし、春そばなので秋そばに比べれば香りに欠けるようです。古石のみなさんに先駆けてごちそうになりました。  

「古石交流館みどりの里」は、8月中旬に石焼窯が完成する予定です。本格的なピザやパンが焼けるようになる予定です。詳細は、プランニングにお問い合わせください。

あやもchick


 

« やうちブラザーズが立ち向かう! | トップページ | 明治大学の学生さんの研修 »

環境学習」カテゴリの記事