« 안녕하세요. | トップページ | 久しぶりの上質100円温泉 »

人吉で読書

 なぜか、人吉で読書。理由はうちの旦那の合気道稽古に付き合ったからで、2時間30分の自由時間を与えられた私は、美味しい珈琲を出してくれるCafeを探すことにしました。docomoを使ってエリア内の喫茶店を検索するが場所は出るけど全く店の特徴が出ないのですね。そこでふと記憶が呼び覚まされた!人吉のパン屋さん「NATURAL」に珈琲コーナーがあったのでは!?
食べ物への記憶には自信がある人って多いのでは?美味しい食べものがインプットされるときは、そこで食べた味、お店の感じ、周囲の風景が一緒になっているのではなかろうか。だから観光地に食べ物屋やら名物料理は不可欠もちろん「美味しい!」というのが大前提なのだろうね。錆びれていく商店街を活性化させるための町おこしレベルから大躍進を遂げ、ついに全国放送にまで露出をはじめたのが阿蘇一の宮町「水基巡りの道」ですね。ここは湧き水をイメージ戦略に取り入れ「馬ロッケ」や「塩シュークリーム」で有名になった。見る人がそういう目で見れば、行くとびっくり、何の変哲も無い実にこじんまりとした商店街だったことがわかります。阿蘇神社から伸びる門前街を散策できるように若者とその親世代が情熱をもって地域づくりをして成功しています。まだ行った事が無い方はぜひ行ってみてください。ちょっと最近気になるのはそれら「繁盛している」あるいは「有名になった」お店への嫉妬とかねたみが生じていないのかな…ということ。マイナス志向のようですが、生活圏も共有している田舎ならではのどこにでもある話しなんですよね。これが。

20090711165134 話しがずれまくりましたが、とにかく私はNATURALでパンを買って、エスプレッソなんと100円!で半分まで読んでいた文庫本・上巻を1冊読み上げたのですね。これはとにもかくにも居心地が良かったのと珈琲が美味しかったからです。植え込みの木々から木漏れ日が光っていいかんじでしょ?しかしながら読んでいた本は、『ハゲタカ』真山仁だというオチでした。これが面白いんだな~。

そうそう、肥薩おれんじ鉄道・水俣駅内のパン屋さん「ふきの陶」にも珈琲コーナーがありますよ。ぜひご利用ください。 あやもchick

« 안녕하세요. | トップページ | 久しぶりの上質100円温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 안녕하세요. | トップページ | 久しぶりの上質100円温泉 »