« くまもと環境賞受賞 | トップページ | 農家民泊にむけて 食品衛生講座 in出水 »

皆様こんにちは。

さて、昔は、鹿児島から関西方面、関東方面への夜行寝台列車が走っており、九州からとうとう、今年の3月のダイヤ改正で、最後の寝台列車「はやぶさ」(熊本~東京間)と「冨士」(大分~東京間)が廃止され寝台列車には乗れなくなりました。
 九州からは乗れませんが、大阪や上野まで行けば、まだ寝台列車は走っていますが、さすがに遠すぎます。そこで、列車は走っていませんが、おれんじ鉄道阿久根駅の付近に寝台列車を使った宿泊施設があります。運営は、NPO法人BIGUP(ビゴップ)さんが管理しております。JR九州から寝台車両を2両譲り受け、阿久根駅の構内に設置今年の2月にオープンしました。これは、ライダーハウスでツーリングに来て泊まってもらうというのが基本です。ライダー以外、普通に一般の人たちも宿泊できます。
詳しいご案内→ http://www4.synapse.ne.jp/bigup/rider.html#akunetouringstaytion

もし、興味がある方又は、気分だけでも味わって見たい方、この宿泊施設はいかがでしょうか。 

モリケ

« くまもと環境賞受賞 | トップページ | 農家民泊にむけて 食品衛生講座 in出水 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« くまもと環境賞受賞 | トップページ | 農家民泊にむけて 食品衛生講座 in出水 »