« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

人吉民泊ヒアリング

Dscf1827 鹿児島県出水市で民泊の準備をはじめていることは前に吉永氏が書いていたと思いますが、課題が具体的になってきたのでその課題を引っさげて人吉市「つばき坂」上井信子さんをたずねました。人吉・球磨振興局、狩集さんのお薦めで尋ねましたが、笑顔の素敵なお母さんでした。お忙しいにも関わらず1時間ぐらい時間をちょうだいしました。ありがとうございます。
樹齢200年のつばきの木が「つばき坂」の由来だそうですが、つばきと上井さんの笑顔以外にもエビネ、ギボウシ等の花が出迎えてくれます。
来られた方との心の交流を楽しみながらお客様を人吉で待っている上井さん。上井さんのようにやりがいを持たれる人が出水でも増えていくとコーディネーターとしてMKPは喜びを感じることができます。

あやもchick

母様は外来種

彼女は東京出身東京育ちである。 先日、地元の人に出身地を聞かれ、躊躇した挙げ句、 「関東です」と応えたという。 なぜかと問うと、 「東京なんて言うと、相手がひいてっちゃうと思ったんだよね。 嘘はついてはいけないと思って、つい、関東と言ってしまった。」

泣きこそしないが、非常に 情けなさそうに項垂れているので、 こちらも「あなたはアホか、何を気にする必要があるのだ」とは言えなくなってしまった。
東京都江戸川区生まれの彼女が10代で水俣に来て30年近く、 未だにそんな悩みを抱えていたことを、暢気な私はちっとも知らなかった。 知らなかっただけで、きっと今まで何度もそういう場面に出くわし、 おそらくは正直に「東京です」と応え、何らかの嫌な思いをしてきたのだろう。 水俣出身者が、出身地を問われ、「九州です」と言ってしまう、 水俣病事件が生み出した問題の中でもよく聞く話だが、これではまんま逆である。 「岡山とかなら、もう少し親しみを感じてくれたかもしれない。東京と聞いただけで空気が変わる」 と、彼女は言う。無茶苦茶な理論のようで、わからんではない。

前々から興味のあった「外来種」について、調べてみた。調べて行くうちに特に関心を抱いたのが「侵略的外来生物」の一節である。「 外来生物のうち、定着している・いないにかかわらず、特に大きな影響を及ぼす生物を“侵略的外来生物”としている。」 なるほど、母は、「侵略的外来生物」だったのだ。解説は、後にこうも述べている。「ただし、これらの生物も本来の生態系の中ではごく普通に生活していたものである。」
在来種にとって「侵略」と呼ばれる行為が、外来種にとっては「生きる」ことそのものである。
外来種が、その性質を備えたまま、かつ在来種の生態系を崩す事無く、ごく普通に、新たな土地で生息するようになれば、全く新しい発展的な文化が生まれるのではないだろうか。何代先の話になるかはわからないけれど。

MIU

(画像は、第二世代の外来種)

Rikumizuno_6

2011年

 さて、2011年といえば、新幹線全線開業(博多~鹿児島中央)の年でもあります。このことについては前回でお話しました。もう一つ2011年といえば、7月24日テレビが完全にデジタル化される地上デジタル放送(地デジ)に変ります。今現在使っているアナログテレビ(全面がガラスで奥行きがかなりある大きくて重いテレビ)は使えなくなります。が、今市販されている「デジタルチューナー」を別途買うと今使っているアナログテレビでも見ることはできます。そのかわり、キレイな画質では楽しめない、ただ見るだけでいいという方にはテレビまで買い換える必要はないです。

 この機会にテレビを買い換えたい、本来の綺麗な画質を楽しみたい!という方へ。
テレビを買う時まず迷うことは、「液晶テレビ」にするか「プラズマテレビ」にするかで迷うと思います。
今現在もっとも売れているのは液晶テレビです。魅力は画面サイズの種類が豊富(15V~45V型)と消費電力が低いことです。逆にプラズマテレビは画面サイズは37V・42V・50V~100V型と種類は少なめ、消費電力は昔に比べるとだいぶん落ちてきましたが液晶にはかないません。でも、画質は液晶に比べてかなりイイです!。
今お店で見るとプラズマテレビは隅に展示されて、2/3が液晶テレビに占領されています。

長文になってしまいますのでここで結論をださせていただきます。
画面サイズで選ぶなら「液晶」、画質で選ぶなら「プラズマ」をおススメいたします。ちなみに私、個人の意見ですので人の口コミより自分で実際見て買うのがいいと思います。

私の今日のお弁当です

じゃじゃーんeye

私の今日のお弁当Photoでーす。 今日の弁当は妻と娘達が作ってくれたそうです。

赤い部分はシャケ、黄色の部分は卵、鼻は梅干し、あごの部分は砂肝とブロッコリーでひげのようにみえました。海苔を切って目と口にしたありました。一緒に食べていたスタッフのMさんが記念に写真を撮ってくれました。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/typhoon

 しばし、じっくりと眺めてから、おいしく、おいしくいただきました。久しぶりのサプライズに娘と妻に感謝、感謝でありました。       当然ながら、すべてきれいにいただきました。あーうまかったdelicious

我が家の女性陣よ、おいしく楽しい弁当を、また、お願いします。happy01

再生なるか「おれんじ鉄道」

  当法人が事務所をお借りしているのは、ご存じ「肥薩おれんじ鉄道・水俣駅」。開業の時からお世話になっています。そのおれんじ鉄道の社長が変わるそうです。昨日の新聞で取り上げられていました。
 Dscf9687 沿線の人口の減少、特に高校生が減っていることや、地域の人々が車を利用することが増えていることなどで、乗客が減り赤字が増えて苦労しています。しかし、考えてみるといったいダレが「黒字になる」と予想していたのでしょうか。もっと、言えばダレが「存続」を望んだのでしょうか。
 鹿児島・熊本両県と沿線の自治体と住民が存続を望み、支えるために大金も出費しています。でも、ソフトの面では、いつの間にか「肥薩おれんじ鉄道にお任せ!」になっていませんか?もちろん、当事者のおれんじ鉄道は、営業努力、経費の削減等々、がんばらなければいけないことは当然ですが、沿線の私たちは「のど元過ぎれば・・・」になっていませんか。
 まさか東京から来る観光客が利用すると、考えている人は居ないでしょう。福岡からの観光客も乗りません。だって、反対運動まであったのに早く遠くへ移動するための「新幹線」を造ったのですから、遠方から来る観光客はそっちに行きます。
 Dscf9684_2では乗客を増やすためにはダレに利用してもらう必要があるのでしょうか。話しは簡単です。沿線住民が利用するしかないのです。その沿線住民が「利用しにくい」「駅に降りても行くところがない!」と言って利用していないのですから、赤字が増えるのは当然です。本当にこの鉄道は必要なの?とも、思います。
 「もっと、駅に魅力を造って、お客さんを呼べ!」とか、「車両の中で魅力あるものを売れ!」も分かりますが、鉄道は基本的に移動手段です。沿線の各駅に、列車を利用して行く「目的」を創らない限り乗客は増えません。
 と、言うことで、結論は・・・各駅の周辺が元気で楽しくなるしかないのです。なぜか、水俣駅のレンタサイクルの貸し出し数は、昨年よりも100台増えています。基本的には病院通いや買い物に利用してもらっていますが、水俣病資料館やエコパークに行く方も多いようです。
 「沿線が元気になる」って、どうすれば良いのでしょうか?沿線の議会や首長が「肥薩おれんじ鉄道は、何をしているのか!」と、批判をされるようですが、そんな「自分の首を絞めるような無責任なことではなく」、おまえの地域を元気にすることをやってみろ!と言いたい。
 例えば、水俣では市役所の職員さんががんばって、地域のお菓子屋さんの協力で「スイーツなスタンプラリー」をやりました。でもイベントですから年に1〜2回のことです。例えば、こうした企画を持続的にする仲間や仕組みを創り、継続させるような取組かと思います。
 最初の出だしは市の職員ががんばったのだから、次は民間が持続させることかと思います。その仕組みと仲間づくりに、鹿児島・熊本両県、水俣市は予算を立て、牽引役の市民を支える仕組みを創ることかと思います。
 とは言え、新しい社長さん、頑張って下さい。沿線の首長、議員、住民は、文句を言うことと同時に「提案」をしませう。

 としお

吉永理事晴れ姿

 知る人ぞ知る我らが代表理事吉永氏!彼が朝起きて着るものを決める基準はタンスの最も「上にあるもの」なので、タンスの中身というものは洗濯機と違って上下を攪拌することなどないものだから、我らスタッフはワンシーズンおおよそ同じ洋服を見ることにナル。しかも柄物が嫌いでTシャツにワンポイントが入っていても許せないのでほとんど変化を認められない。ほぼアースカラーというと格好が良いけどが選択色なのでこれまた地味にナルのだ。そして、その首に温泉に何度浸けられたのか!?というほど良い鄙び感が出たタオルを首に巻いている日にはファッションでは敵ナシである。最近暖かくなってその姿をあまり見なくなったのは、お洒落に目覚めたのか?それともあれはマフラー代わりだったのか?その姿に涙したF嬢は氏にマフラーを送ったほどだが何せガラつきだったので氏の首を温める事はなかった…。朝日新聞記事にタオルを巻いた姿でデカデカ堂々と水俣の将来について語る氏の姿が掲載された。私と同郷、同級である担当記者I氏の肝っ玉のでかさに感服した。

Dscf1816_4   という長い前置きからこの写真に価値と意味合いを見つけられないだろうか!ああ大袈裟。晴れやかだけどちょいとはにかみを見せる氏の笑顔を見てくだされ!


あやもchick


日本に肖像権はないのか!と言われそうだな~

カメノテ100年目の受難の日

時が経つのは実に早いものですね。また日曜日ですバイ!コミリです。お約束しましたお散歩実況中継のつづきです。再びカメノテさんに登場してもらいましょう。ほらほら海の中にいる時間が長くなるにつれこれまでぴったり閉じた口が開きはじめましたよ。むむっ?中からなにやら伸びてきました。えーっ!波が打ち寄せるたびにひょろひょろとまるで手のひらをいっぱいに広げたようなものです。カメノテは海老、カニのお仲間らしいのです。伸びきった触手を使ってプランクトンを食べているのでしょう。でもすぐそばのカメノテは海の中でも口を閉じたままなのですが・・。お腹いっぱいなのかな?それとも死んでる!なぞが深まるばかりのカメノテと握手をしてみたいと思うのはコミリだけなのでしょうか?指をしばらく海に浸してカメノテの体温に限りなくちかくするのがコツですよ。さっと握手を交わして別れを告げました。食事中にいきなり掴まれたのがショックだったのでしょうしばらくは口を閉じたままでした。カメノテさんごめんなさい。

春の大潮は生命力にあふれています。すっかり引いた浜辺に立つとミシミシ、パッン、ジワジワと岩陰から音が聞こえてきます。足の踏み場も無いほどちっちゃいマツバガイやウノアシの赤ん坊が海草にしがみついています。ちょっと失礼してひっくりかえしてみるとなんと体まで緑色になっていましたよ。ちゃんと元に返してあげました。

 こんにちは、モリケーです。
また、鉄道の話になりますが少しお付きあいください。

 皆様もご存知、2011年春には新八代~博多間が完成し、これで鹿児島から大阪方面まで新幹線が走ります。熊本から大阪まで約3時間20分くらい、鹿児島から大阪まで約4時間くらいで結ばれます。(速達タイプの列車の場合)

新幹線開業時の運行形態(予定)は博多~熊本間毎時2本、博多~鹿児島中央毎時2本、新大阪~鹿児島中央毎時1本の計画になっています。ちなみに九州内だけ走る新幹線は「つばめ」、新大阪直通は「さくら」と愛称も決まっています。東京までの乗り入れも考えていたみたいですが、JR東海から16両編成でないと乗り入れを認めない。東京までだとさすがに時間がかかり、飛行機には勝てないと東京乗り入れは断念したみたいです。

鹿児島市・熊本市の人達はいいですが、それ以外の地方都市にとっては便利になるものでしょうかね?

山娘の遊び方

筆)おだみう

双子同然に育った幼なじみが数年ぶりに水俣へ帰って来たので、3日間、お休みをいただいた。

彼女とは誕生日が一ヶ月も違わない。
血こそ繋がらないが、同じ布おむつを共有し双子用のベビーカーに乗った仲である。

再会したその日、21歳の二人は、真っ先にゼンマイ採りをはじめた。
別に計画していたわけではない。
ただ、家を出てフラフラ散歩をしている最中、たまたま目の当たりにしたものが
ゼンマイであっただけだ。
フラフラする場所によっては、歌い始めたり踊り始めたりパフェを食べだしたりしたのかもしれないが、
山だからそんなものである。

かつて私以上に山娘であった彼女は、山の植物をよく知っている。
ゼンマイに雌雄があること、食べられるのはメスであることも初めて知った。
メスは見た目がチャーミングだけれどオスはあまり美しくない。見るからに不味そうである。
しかしながら、一本の醜いオスの周囲に可愛らしいメスが何本も取り囲んでいる。
一夫多妻制なのだろうか。

そんなことを好き勝手に話しながら、いつのまにか両手にいっぱいの山菜を抱えていた。
途中、ノビルも発見したのでこれも山ほど抜いた。ワラビは数本、多くはゼンマイだ。

家に帰ってからが一苦労。
お風呂のたき付けから木炭を集めて煮立て、ゼンマイを投下。鍋の中でワラビと木炭が踊り狂い、黒魔術料理のようである。
その後火をとめてもまだエグイので放っておいたら、冷めた頃にはゼンマイは半分に減っていた。余熱で上半身(渦巻き部分)が溶けてしまったらしい。

ノビルは薄皮一枚とって、茹でて、甘い酢みそを作って食べる。
灰汁抜きをしなくていいとは相当に楽な事だなと痛感。

調理中、ゼンマイの茎の断面には、クルリと渦巻があることも発見。切っても切っても渦巻き模様、まるでロールケーキなのだ。からだの芯までゼンマイ仕掛けとは、なんともイキなやつめ。

わざわざ仕事休んでそんなことしてなくても・・
否、休みでもとらない限りこんな面倒なことしないのである。


福岡から3時間半かけて水俣に来てすぐに、
こんな面倒に巻き込み、幼なじみは気の毒にも思える。
しかし、彼女は嫌な顔ひとつせず・・・
むしろイキイキと崖に登りブチブチとゼンマイを摘む姿を見ると、やはり、私の半身だなあと思う。

長島に行って来ました。パート2

先週書いた長島出張のつづきです。

私たちが招かれた総会には長島のホテル・旅館業の方がいらっしゃいました。昼食を御一緒させてもらいましたが、興味深い話題として、島に魚を食べに来るお客さんがどのあたりから来ているのかという話しが聞けました。一番多いのは人吉・えびののお客さんとのことでした。遠いところでは、福岡から魚を食べにくるそうです。かなり遠くから、魚を食べるためだけに来るんだナーと感心しました。本当に好きな人は距離は関係無いんですね。うまいものには人が集まって来るんですよね。今度長島にいったら、魚を腹一杯食べようと思います。

お宝情報   帰りに見学させてもらった、蔵之元にある海鮮料理の民宿「穂(すい)」さん。宿のご主人が潜って伊勢エビ・鯛・アワビ・うになどを料理してくれるそうです。それも、リーズナブルな値段で。近くに海水浴場もありとても楽しめそうな宿でした。ご主人の竹ノ内さんもとてもきさくないい方でしたよ。一度おためしあれ。

                      なるなる   

         

              

意志は無いけど、石あります。

 久々の休みの様な気持ちで、午後5時頃から水俣湾を見ながら、のんびりと親水護岸を一人で散歩してきました。それと言うのも2週間前の破砕手術に続いて、昼から腎臓結石の破砕をやってきたために出来た時間でした。ご承知の方も多い方と思いますが、尿管結石の痛みは「痛い!」のです。2年か3年に一度は、1センチ程度に成長してくれるのですが、その位になると自分では流れてくれません。尿検査やレントゲン写真を撮って、30分程度「バッシ!バッシ!」と言う音と伴にやってくる、激痛に耐えなければならないのです。あれは何をぶつけているのでしょうか?高周波と聞いたこともあるのですが、内臓とか骨とか関係ないのでしょうか。まーいいか。

その30分の間に考えたことは「あと、5分か?あと10分か?」「3000発と言っていたけど、今1000発かな?」「何か、音楽でも流してもよさそうに」「この機械っていったい幾らだ?年に何人の手術をするのかな?耐用年数何年だ?償却は?イテ!」「夜中に起きる激痛に比べたら、こんなもの・・・イテ!」などなど。

それに比べて、今日も水俣湾はきれいでした。恋路島の周りには光があり、遠く霞んでいる天草の島々が優しく見えていました。あー。でも、今夜も一杯飲んじゃいました。

としお

女島ツアー

 4月10日(金)晴天sun
 20年度事業が一段楽し、あまりに天気が良いということで、MKPスタッフでドライブへ。といっても大人ですから単なる遊びではないですよ。支払いやらご挨拶を兼ねながら「あしきた・みなまた」のコンテンツ先へ出向きました。昨年度末は、年度末の締めと今年度に向けての作業が同時進行したのでプランニング全体としては忙しかったと思います。しかし、スタッフの分業がしっかりしてきたので切迫感もなく、眉間にしわ寄せ微妙にお互いの仕事を監視しあうというどこの会社にもありがちな雰囲気はなかったですね。ヨシヨシ。年度末の報告書攻撃はすさまじいものがあります。私の担当事業で報告書提出が必要なものは、8つありますが年度途中にも2つ3つ処理します。追いまくられながら仕事をするプレッシャーを極端に忌み嫌うワタシは年度末にはまとめあげ、来年度にむけての課題を分析できる状態にしながら進行し、3月にやっつけてしまいます。イチローの気持ちはなんとなく理解できるんだよね。
 Dscf1801_2
 晴天のもと、うちのプログラムとしてお世話になっている芦北町に行きました。計石漁港→佐敷宿→鶴田農園→田浦みちの駅→女島に行きました。計石で初めて目にした驚きの光景は貝掘りの人の多さです!遠くから見た私は「えっ!?芦北にオットセイが来るの?」と錯覚。よく見ると貝掘りの人たちで300人はいたでしょう。しかし、収穫を終えたおじさんによるとあまりとれなかったようです。ここは無料で貝堀りができるようですが、昭和の時代に魚が乱獲された歴史をうたせ漁師の洲崎さん最近はコマーシャルにも登場していいますね。からお聞きしたことを思い出しても集金して貝を増やすための活動もするべきかと思いました。環境における「共有」の落とし穴ですね。
  Dscf1806_3
 鶴田農園では、みかんの出荷に追われているにも関わらずほとりさんからデコポン、甘夏、桜小夏、はるかをお土産にいただきました。作業を邪魔しに来ている迷惑な消費者じゃなかったろうか…作業場に山積みされたコンテナのみかんを1個、1個丁寧に拭いて箱詰めされていましたが、こういう場面を多くの消費者ってテレビで見てるけどやはり目の前で見るとしっかり身近にもってこられるという点で重要な体験なのだろうな。喉が渇いた私たちは車の中でいただいたデコポンで喉を潤します。なんて贅沢なんだ! 

 Dscf1812_2
 最後は女島の松崎さん宅。いきなり訪問しましたがそれはやはり吉永さんと松崎さんとの旧知のあいだがらですからWelcomeです。というよりも昔に比べて「ご無沙汰」なので「もっと来んかい!」だったかな。一夜干しの「さより」と「太刀魚」を揚げたものをお茶請けに出していただきましたがそれが美味しかった~。潮の香りが漂う環境で食べたことと、松崎さんご夫婦のお人柄で味に相乗効果が出ていますがホント美味しかったですよ。それから水俣や長島に漁に行っていた当時の話しもしていただきましたが本当に良い漁場で自然に満ち溢れていたのがよくわかりました。

ああ、なんて贅沢なドライブだっただろうか。 あやもchick

明神の海

Cimg0339 水俣教育旅行プランニングサポーター?コミリです。これから度々登場しますのでよろしくお願いします。何でもじっくり観察することが大好きです。あまり行動半囲は広くありません。我が家の子猫、プクプクちゃんとおなじぐらいかなぁ(テリトリー争そい?)さぁさぁ散歩散歩・・私の散歩基本コース①熊本県環境センター、明神海岸、明神さんです。

オプションで②親水護岸③水鳥の池④実生の森⑤水俣湾埋立地一周もあります。

①基本コースの出来事より

観察日 2009年4月10日(金)

場所 明神海岸 

時間7:30

不知火海に突き出した岬の先端に明神さんがあります。すぐ側に熊本県環境センター、水俣市立水俣病資料館、国立水俣病情報センターまであるのです。なんと我が家からおよそ2分ほど。

途中で立ち寄って必ず覗き込むスポットは天草の島々が見える椿の木とタブの木の間。そして真下に見える海岸の様子を覗き込む。「ほぅ今日は海の水の澄み切ってきれいかね。ちょうどよかアンバイに潮の引とる」と内心にんまりしながら、海岸に続く道へと足を速めるのです。

海岸に降り立つと不思議の世界が待ち受けていますよこれからはコミリの観察と探求のはじまり。まず最初に紹介したいのは、カメノテさんで~す。興味がある人は磯に行ったらみかけると思います。岩の間に集団でびっしりついて、ぴったりと口を?とじた『かめの手』そっくりのカメノテ。海が満ちて潮がかかり始めたそのときから様子が一変します。閉じた口が少しづつ・・・つづく。

環境学習、体験学習受入れ者へのアンケート

 水俣で環境学習や体験学習を受入れている方たちを対象に昨年度アンケートを取りました。その内容についてアップいたします。
アンケート対象者は、村丸ごと生活博物館、福田農場、水俣環境ガイド、施設管理団体、水俣漁師、水俣病患者支援者です。

1、 やりがいや喜びを感じるのはどういうときですか?
公園(エコパーク)に来てくれた方々が嬉しそうにしているとき。
子どもたちの顔が学びを得たときの充実感に満足した様子が見えたとき。
現地にこなければ見えないことに相手がきづいたとき。
こども、参加者が夢中になってくれるとき。
案内を終了したとき。後で礼状をいただいたとき。
水俣は思っていたよりも美しいと言われたとき。
出来上がったときの喜びの声でやりがいを感じます。
子どもたちの喜び、笑顔。
「楽しかった」「おもしろかった」「いい作品ができた」などの声が聞けたとき。
船に乗せたときの子どもたちの顔がいきいきしたとき。
喜んでもらえることが喜びです。
水俣のこと、水俣病のことなど色々と話していくうちに話しが通じたなという表情が見られたとき。
生徒たちが話しをよく聞いてくれるとき。
クレームなしで無事に終わったとき。感謝されたとき。

2、気をつけていることは何ですか?
時間のロスを無くす。アレルギーや忘れ物。(料理づくり体験)
笑顔で対応すること。
怪我のないように海では特に言葉をかけるようにしている。
安全第一で案内すること。
怪我のないように、時間内に終了すること。
怪我、トイレの時間、言葉づかい。
不快な気持ちにさせないこと。
自分の言葉で自分に素直に話す。
話す言葉が理解してもらえるようにする。
マンネリにならないようにする。
体調管理。万全な精神状態で臨みたい。
事故。

3、負担を感じるときはどういうときですか?
ない。土日でも受入てよいです。
現地を無視した勝手なイメージで行程を組み立てられたとき。
知識、経験が浅いのでそれ以上のことを要求されるとき。本業が忙しいとき。
色々と注文を受けること。
ネタ不足のためにバス移動時間が長いとき。朝が早いとき。
時間。
人数が多いとき。体験時間が短いとき。
特になし。
騒がれたり、遅くまで起きていられるとき。(民泊)
行程が長くて話しがとぎれるとき。
同じ日に学校がぶつかったとき。

4、困ったことはなんですか?
終了時間が迫ってきたとき。
人が集まらないとき。手元の材料を活かしきれないとき。
案内中の病気や体調不良。
水俣に公衆便所が少ないこと。
なし。
天気が一変したとき。
予定がずれたとき。
天候が悪いときが少し困る。
怪我、病気が一番心配だがバックアップがあるので心強い。
事前の打合せと違ったとき。
設備不足(トイレ)。

5、その他要望をお書き下さい。
時間に余裕を持ってもらうこと。
私たちでできることがあったら何なりとお申し付け下さい。私自身も水俣について勉強させていただきたい。

 受入れをしている人たちは、本業が修学旅行に直接関係している人もいない人もいます。みなさん本業に関わらず水俣を訪れた人たちに真剣に何かを伝えたいと思っています。これらの人たちを代表して今後ともよろしくお願いします。

あやもchick

初めまして・・・

水俣教育旅行プランニング、スタッフ?の1人森田(あだ名:モリケー)です。初めまして。

プランニング(企画業務)、ガイドなどは、あまり行っておりませんが、肥薩おれんじ鉄道より駅業務を委託しており、ほぼ駅務を担当しております。

 さて、この肥薩おれんじ鉄道ですが、平成16年3月13日九州新幹線部分開業にともないJR鹿児島本線だった八代駅~川内駅をJRは切り捨て、新に第三セクター鉄道「肥薩おれんじ鉄道」と別の会社となり運行を開始しました。厳しい環境の中、今年で5年目を向かえることができ徐々に利用客も増えておりますが、まだまだ厳しいものがあります。昨年から走り始めた熊本・鹿児島中央駅までの乗り入れ効果も少しはありますが、土曜・日曜・祝日限定で走っており、平日にも走らせてほしいという要望もありますが、JRさんが・・・。 

話は変りますが、肥薩おれんじ鉄道は熊本県八代市八代駅から鹿児島県薩摩川内市川内駅116.9キロあり、28の駅があります。ちなみに日本の第三セクター鉄道では1番長い距離の路線です。平成18年4月に「北海道ちほく高原鉄道」(140キロ)が廃止になり第三セクターでは日本一になりました。余談ですがJR線で1番長い路線は京都駅から山口県の幡生(はたぶ)駅の山陰本線(676キロ)です。以前は東北本線(上野駅から青森駅)の739.2キロでしたが東北新幹線の盛岡~八戸間が開業し、在来線の盛岡~八戸間が第三セクター化したため距離が短くなり現在では第2位となりました。

なんか、あまり関係ない「鉄道」の話ばかりになりましたが、私は鉄道の話しか出来ませんので、もし鉄道で旅行するときの参考になればな~と思います。

長島に行ってきました。

澄み渡った青い空と深い群青色の海を見ながら、海峡を渡り長島に行ってきました。

目的地は太陽の里でした。長島地区の旅館業組合の集まりで、教育旅行の説明を依頼されたので、2人ででかけました。少し、時間があったので、マンダリンセンターを見学しました。展望室から不知火海を眺めましたが、水俣の対岸からのいい眺望でした。ミカンの博物館ということでミカンについてかなり詳しく説明がしてあり、ミカンの研修をするにはとても良い施設です。ただ、一般の人には詳しすぎるかもしれません。どんな人を対象に施設を作ったのかがわかりにくい展示になっています。施設全体の展示の工夫をすべきではないかとおもいました。

   続きは次回へ

         なるなる

旅館の魅力

筆)おだみう

3月26日〜29日、琉球大学の観光産業科学部が水俣を訪れる。大島准教授率いる学生5名、全て女性である。

宿泊先はお馴染みの永野旅館。水俣へ訪れる前に、私は旅館のことを大島教授に伝えていた。

湯の鶴一の泉質を誇る永野旅館。ここでは「無いもの」を探求してはいけない。歯ブラシ、シャンプー、リンス、石けん、タオル、バスローブあるいは浴衣、ヘアブラシ、ウォシュレットなど、都会のホテルに通常完備されているような空間を想定されては困るのだ。その分もちろん、お値段はお手頃だ。あるものは、最高の温泉と食事と寝るところ、洗濯機(洗剤等は要持参)。そしておばちゃんのチャーミングなスマイルである。

と、これだけ伝えておけば、「あれもない、これもない、こんなはずじゃなかったのに!」のような、イメージとの相違から生じるリスクは最低限防げると思った。
しかし、そんな旅館に彼女らが示した反応は予想以上だった。

送っていただいた学生の評価を一部紹介する。

M吉さん
*永野旅館に宿泊して気づいたのは、宿泊先の満足度は綺麗とか高級感があるとかだけで決まるわけではない なということでした。宿泊先が高級でなくても、おばちゃんの人柄やもてなし方、家族のような接し方はすご く満足いくものでした。初めから古い場所だと聞いていたし、低価格ということも頭にあったからだとも思う のですが、不満に思う点はほとんどなかったです。

M平さん
永野温泉のおばちゃんの笑顔と優しさに、これこそ究極のホスピタリティ!?と思った。
永野温泉にはぜひ、また行きたいと思う。
そして確実に胃拡張しました。


何から何まで取りそろえてあるのが最高のサービスかといえば、そうではない。使い捨て用品等は特にその分の料金を客が支払っているわけで、もったいない精神を兼ね備えた人ほど損をしてしまう。
最近は「エコ旅館」が増えていて、「環境に配慮している」であるとか「地球に優しい」であるとかを掲げているが、それらの多くは疑わしいものを感じる。
本当にエコロジーな旅館とは、それを押しつけがましく前に出すものだろうか。

永野旅館は、自然を大切にしています!なんてわざわざ言わない。
しかし、自然にとけ込むような旅館だな、と思う。

あるものをあるままに。

鹿児島県出水市にも修学旅行を呼びたい!

 昨年から鹿児島県の出水市に、修学旅行を誘致する事業に関わっています。冬になると出水市には、遠くシベリアからナベ鶴が1万羽以上も飛んで来ます。また江戸時代に造られた薩摩藩の武家屋敷も保存されており、見学もできます。
 しかし最近では観光客も減り、大きな工場が閉鎖になるなどビジネス客も減少しています。そこで、「九州新幹線が再来年の春に開通するので、大阪など関西から中学生の修学旅行に来てもらおう」と考えて取組を始めています。
 出水市に修学旅行でやって来てもらうために、「農家民泊・民宿」を提案しました。また地元の子ども達と交流してもらう、学校交流も提案しています。昨年から集まりを持って話し合いを進めていますが、農家の方や市役所の方々がとても熱心で感心しています。大きな企業の撤退や商店街の疲弊など、地域の課題が山積していることもあり、地域を守ることに必死なのだと思います。
 水俣には全国から水俣病や環境学習で、多くの修学旅行生がやって来ますが、二つの地域で連泊してもらい、様々な人と出会いながら学習をしてもらえる日もそんなに遠くないと思っています。
 以前から「環不知火海沿岸地域の連携」を考えていましたが、最近長島町の方からも相談があり、天草市御所浦町の化石発掘、芦北町のうたせ船体験などなど、何となく波静かな不知火海をぐるっと回る体験学習、体験観光の連携が始まりそうです。
としお

いざハウステンボス! 曇天の中で…

 「どんてん」とは素晴らしい言葉である。空の様子が濁音と50音の最終に位置する「ん」の連続でなんだか理解できるではないかっ!ということで。冷静に戻ると4月4日(土)日帰りバスツアーでハウステンボスに行って参りました。おだどん(朝倉氏命名)と二人でね。バスツアーの現状を知るって感じのモニターでおだどん一人が行く予定でしたが、カップル満載の大型バスに一人で行くのは無理!ってことで知らない人が見たらまるで保護者のような感じでした。

 Dscf1794_2 到着まで4時間弱かかるのですが、このところの高速道路SAのサービス向上により2回のSAでの休憩タイムでトイレも気分転換も充分できるので問題はありませんでした。しかも、乗車した同じツアーの人々はバスツアー慣れしているらしく各休憩ポイント及びハウステンボスでの集合時間に全く遅れることもなく、「水俣時間って嘘じゃない!?」とさえ思いましたよ。それとも取りこぼされる恐怖から集まりが良いのであろうか?
ここのところの花冷えで明日でチューリップ祭りは終了というのに満開ではありません。もう1週間延長しても大丈夫と思いましたね。
目をつけていた石釜で焼いてくれるピザレストランは長蛇の列で無念ながら食べられませんでしたが、品の良いお店でデミグラスソースハンバーグのフルコースを食べました。

 Dscf1793 かなりのサプライズで長崎ピースバトンの伊藤くんがハウステンボスに登場し、若者のデートを邪魔するおばさんの状況だったよなあ。途中から一緒に廻りましたが刻々と時は過ぎていき、何か話し込むこともできずに私はクリームチーズを彼から貰いえっ?ぶんどったの間違い?集合時間迫る中、お土産売り場で2泊3日!?と見まごう量のお土産を買ってバスに乗り込むのでした。

 帰りのバス内で 綾小路きみまろ→梅沢富夫・前川清劇団→歌之介 という間違いなくお笑いが取れるDVDが流され、寝る人は寝る、笑う人は笑う、しゃべる人はしゃべるという3層構造で帰途につきました。

 これでパスポート買わずにお土産ほどほどに、バスに乗り込んでさえいれば10000円内で目的地まで運んでくれて1日遊べるのだからバスツアーって流行るわけだよね。

あやもchick

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »