« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

霧島へGO♪

平成19年度の事業がひと段落した。そして、心は平成20年度へ向かっている!
まあ、まあ、はりきるのもよいが
羽を伸ばしに温泉研修にでも行こう~rvcar

とい012_2うことで「MKP霧島へ日帰り小旅行」が敢行される。前日にいきなり言い始め、いきなり決定したのですけどね。このチャンスを逃すと修学旅行シーズンに突入し、てんやわんやが始まるので思い立ったが吉日ってヤツです。吉永氏が知人に車を借りて、みんなで霧島旅行へ出発しました。
霧島に着くまでは、雨がポツリポツリ…。だけど、素晴らしきカナ!霧島アートの森ではいきなり晴天になる。晴れ女の面目が立ちましたねえ。

  屋内の作品は、画像が残せない関係でお話しは外からスタートです。記念撮影は、作品ナンバー⑩ 「男と女」の足元。

002_2私が気に入ったのは、森にたたずむ左の彼氏(彼女ではなく確実に彼氏です。理由が知りたい人は、アートの森へ足を運ぶべし)
作品ナンバー⑯ 「インサイダー」 作者:アントニー・ゴームリー U.K. 森の中の階段を下って、もみじの林で彼らは待っていてくれました。秋に行くと表情が変わってまた素敵だろうな~

019_2 ほかにも画像的に面白かったのは、べレシート(初めに)ですね。逆光が同じ点からやわらかに射し込んできて、実は画像の一番奥のシルエットは私たちなんですが、タイムマシンに乗り込んでいくという情景に見えませんか?
一番奥まで進むと霧島のパノラマが眼前に広がるんですよ。なかなかです。阿蘇でもアリな作品だわ~

039 ほどよく、森林浴と芸術を楽しんだ後は、やはり食事でしょrestaurant
この日のレディースランチは、黒豚のハヤシライスでした。だけど、限りなくビーフシチュー感覚で軟骨もトロトロに煮込まれ美味でした。

さらに一向は、霧島の奥へと突き進む…。
当初予定していた妙見の温泉はやめて、泥湯温泉に行くのだrvcar
まさか、全身泥を塗りこめて地蔵風になっている画像はありませんのでご心配なく。。。

霧島の産直市場で小休憩および土産購入しつつ、水俣へ戻り始める。今年度の事業について話し合いも進め、充実した1日は暮れていく。なかなかに大人の旅であったな…。
byあやもwink


 

ほっとはうす みんなの家 お披露目!

Dscf0828_2「ほっとはうす みんなの家」がいよいよお披露目となった。ケンちゃん(年上だけど親愛の情を込めてそう呼ばせてください)、清子さん、金子さんがテープカットに臨む。全身に喜びがあふれている。潮谷県知事は、在任中最後の大仕事と公言されるようにテープカットから式典まで出席してくださった。

自分たちが案を出して設計まで携わったみんなの家が出来上がった。ほっとはうすを長年温かく支援した人たちが、市外、県外から訪れ見守る中でテープカットが行われた。


Dscf0825杉本栄子さんが亡くなられ、長男の杉本肇さんが出席された。ハレの日を迎えられなかったのは残念ではあろう。だが、栄子さんは、あとに控える肇さん、実さんたちを信じ、ほっとはうすのメンバーを信じて晴天の空から見守っている。

現実的には、メンバーが宿泊する場合に人手が必要となったり、資金繰りの規模も大きくなり、楽観視はできないだろうが、これからも一歩一歩たくましく乗り越えていくのだろう。
byあやもwink

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »